Talk Session営業課員による座談会

課員同士の絆があって、
地域との絆が育まれる

「営業活動の目標って?」「仕事のやりがいは?」「職場の雰囲気は?」…。しばしんで働く上で気になる、営業課員の仕事についてのさまざまなことを、職員3名に語り合ってもらいました。

田口 健人Taguchi Kento

2009年入職

アフターファイブ・休日の過ごし方仕事終わりは、2人のかわいい子どもが待つ家へまっすぐ帰ります。子ども達が寝静まった後は、資格取得のために勉強もしています。休日は近くの公園で子どもと遊ぶことが多いですね。基本的には家族との時間を大切にしています。

中村 拓哉Nakamura Takuya

2016年入職

アフターファイブ・休日の過ごし方平日の仕事終わりは支店のメンバーや同期、学生時代の友人たちとよく食事に行きます。現在、しばしんの野球部に所属しているので、休日は職員間の交流を深めつつ、体を動かしてリフレッシュしています。

塩川 ひかりShiokawa Hikari

2018年入職

アフターファイブ・休日の過ごし方仕事終わりは、支店の人たちと食事に行ったり、ショッピングに出掛けています。週末は学生時代から続けているラクロスチームの練習に参加したり、金融知識を身につけるために、さまざまな資格取得に向けた勉強もしています。

Session 01

本日はよろしくお願いします。
早速ですが、皆さんがしばしんに入職したきっかけを教えてください。

はい。私は体育会の部活動をしていたため、就職活動に割ける時間が限られており、興味があった金融業界に絞って就職活動をしていました。しばしんを知ったきっかけは、大学時代、同じ部活に所属していた先輩が、しばしんに入職していたからです。安心感もありましたし、話を聞いて働くイメージができたことや、支店見学の際に、支店長に声を掛けていただいたことが嬉しくて、入職を決意しました。

支店長に声を掛けていただけたのは嬉しいですね。

そうだね。
ただ、入職後に支店長と話したときには、そのことを全く覚えてなかったけどね(笑)。

私も就職活動の際は先輩の話を参考に、自立した働き方がしたいと思い、営業職を志望していました。金融に限らずさまざまな企業を見ていましたが、しばしんの説明会に参加した際に、女性職員の方から女性の働きやすさについて聞く機会があり、長く営業として働けると感じました。また、ジョブローテーションで幅広い仕事を経験できる所も魅力だったと思います。

経済系の大学出身だったこともあり、金融業界を中心に就職活動をしていました。その中で、最も重視したのは、職員の人柄です。一緒に働きたいと思える人と仕事がしたいと思い、さまざまな企業の選考を受けました。しばしんは職員が皆、学生に寄り添った対応で好感が持てたこと。何より、その姿を見て、こんな大人になりたいと思えたことが、入職の決め手でした。

Session 02

ありがとうございます。それでは次に
実際に入職してみて、イメージギャップはありましたか?

配属された支店によりますが、予想以上に法人のお客様が多いことに驚きました。入職前は郊外の住宅地を回って、個人のお客様を訪問するような仕事をイメージしていました。しかし、実際にはビジネス街で企業へお伺いし、商談をすることも多々あり、思った以上に法人向け営業が多いと感じました。

私の場合は仕事内容について、基本的には既存のお取引先へ訪問することが主な業務内容だと思っていましたが、新規のお取引先へ訪問することも多くあったことが印象に残っています。特に新職員のときは、担当する案件が少なかった時期もあり、そのときはしばしんと取引のない、新規のお取引先の開拓に力を注いでいました。訪問する際は、個人法人を問わず、ご挨拶と共に金融機関の利用状況についてのヒアリングや、融資などのご案内をしていました。もちろん案内を断られることも珍しくありませんでしたが、新規訪問でお客様の興味を惹きつけるような案内の仕方を学ぶことができました。

新規訪問を繰り返すことで、得られる気づきは確かにあるよね。そうした経験が、その先の営業活動の中で生きてくると思うな。入職前のことになりますが、私は個人目標が達成できないと怒られてしまうのではと心配していました。しかし、いざ入職してみると、個人目標は確かにあるものの、成績が思うように伸びず達成できなかったときも、叱責されるようなことはありませんでした。責められるのではなく、どう改善していくかをサポートしてくれる風土があると感じます。今は自分が管理者という立場ですが、やはり職員みんなが頑張っていることを知っているので、理由もなく怒ろうとは思いません。私自身も経験してきたように、メンバーの目標達成に向けてしっかりサポートしていきたいと考えています。

Session 03

皆さんそれぞれに、
入職前後のギャップがありますね。
営業課の仕事の中で、やりがいを感じるのはどんなときですか?

やはり、お客様から感謝されたときにはやりがいを感じます。以前、急なご依頼に対応したお客様が、私のことを覚えてくださっていて、先日融資の相談をいただいたことがありました。他の金融機関では対応できないことも、しばしんなら対応してくれる。中村さんだからお願いしたいと言われたときは、この仕事をしていて良かったと思いました。

そういう言葉をいただけることもそうですし、お客様と深い関係性を築けるのは、この仕事のやりがいですね。
私はお客様とのやり取りだけではなく、支店で一緒に働く人たちに喜んでもらえたことにもやりがいを感じました。最近だと私が獲得した融資案件によって、支店の目標が達成できたことが印象に残っています。個人目標はもちろんですが、長期にわたって支店全員で追いかけてきたことを成し遂げたときの達成感は格別でした。

あのときは、良くやってくれたって思った!

頑張りました!(笑)

2人がそういう経験をできていることが、私のやりがいでもあります。管理者としてメンバーの営業活動をサポートする立場にあるので、目標を達成できたり、成長している姿を間近で見られたときは、自分自身が個人目標を達成したときとは違う喜びややりがいを感じますね。

Session 04

仕事の魅力も、それぞれの経験によって変わりますね。
今、皆さんが勤めているエリアの魅力や好きなところはどこですか?

お客様が皆さん、やさしいと感じます。私がまだわからないことを聞かれたときに、その場で回答できず、一度調べてから説明する旨をお伝えした際も、温かく待っていただけました。また、お取引先へお伺いすると、毎回「お疲れ様」と声を掛けてくださり、ときにはお菓子をいただくこともあるなど、本当に良くしていただいています。

お客様からお菓子をいただいたことは、私もあります(笑)。営業課員だと一度は経験しているかもしれませんね。私にとっては、法人のお客様であっても深い関係性を築けるのが、このエリアの魅力です。やはり、定期的にお取引先へ顔を出すことで深まる絆があると感じています。

法人のお客様が多いのは、この支店ならではだよね。あとは、日比谷公園や皇居、東京タワーなどの観光名所が点在しているので、外出時には良い気分転換ができることも個人的には魅力的だと思っています。

Session 05

最後に、
しばしんを志望する学生へ
メッセージをお願いします。

就職活動は大変かもしれませんが、自分自身を見つめ直す良い機会でもあります。これまでの人生で、どういったことを大切にしてきたのかを振り返ることで、これから働く上で大切にしたいことが見つかると思います。私の場合は、しばしんで一緒に働きたいと思える人たちと出会うことができました。自分自身の軸にこだわって、悔いのない就職活動をしてください。

企業研究や説明会への参加、エントリーシートの提出など、やることがたくさんありすぎて大変だったことを覚えています。考えすぎて苦しくなったときは、リフレッシュすることも大切です。周りが気になる気持ちはわかりますが、自分のペースで頑張ってください!

社会には、これまで知らなかった仕事や会社がたくさんあります。私自身、就職活動中にあまり多くの企業を見ることができなかったので、皆さんにはぜひさまざまな企業を見てみることをオススメします。その中で、しばしんの説明会や支店見学に来ていただき、少しでも好きになってもらえたら嬉しいです。

この街を、もっと夢が
叶う場所に。

しばしんは、地域とともに成長したい
あなたのエントリーをお待ちしています

エントリーはこちら
PAGE
TOP