金融機関コード
:1319
文字サイズ
MENUCLOSE

セキュリティについて

お客さま各位

芝信用金庫(以下、当金庫といいます。)では、お客様に安心してお取引いただくために以下のようなセキュリティ対策を当金庫のウェブサイトにて実施しています。

1. SSL128bit対応の暗号化通信

お客様が入力された情報はSSL(Secure Sockets Layer)128bitに対応した暗号化通信を採用することにより、お客様に関する大切な情報が盗まれたり、改ざんされることを防いでいます。この暗号化通信を解読することは実質的に不可能とされています。この強力な暗号化による通信を使用可能にするための動作環境をご確認ください。

2. ベリサイン発行のデジタル証明書

当金庫のウェブサーバは、ベリサインのデジタル証明書により認証されています。このデジタル証明書はインターネットからのお客様に対してこのウェブサイト運営主体である当金庫の実在性を証明し、ウェブサーバ/ブラウザ・携帯端末間の通信を保護するSSL暗号化通信を利用可能にします。
当金庫では、セキュア・サーバーIDのクラス3証明書というベリサインの定める高度な認証基準に基づき発行されるウェブサーバ用デジタル証明書を取得し、安全なウェブサイトを運営しております。

3. ファイアウォール機能による不正侵入の防止

当金庫のシステムはファイアウォール機能によって防護されており、不正侵入を遮断しています。(ご注意)具体的な内容に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

4. 法人・個人インターネットバンキングサービスのセキュリティ対策

当金庫の法人または個人インターネットバンキングサービスでは、以下のセキュリティ対策を行なっております。

(1) お客様の特定

  • 法人インターネットバンキングサービスの場合
    ご契約先IDと利用者IDでお客様を特定
    ご契約先IDとは、本サービスをご利用の都度、確認させていただく11桁の番号です。口座番号とは別のお客様固有の番号であり、この番号によりお客様を特定いたします。また、利用者IDとはお客様の利用者ごとに設定していただく半角英数字4~30文字の番号であり、この番号によりお客様の各利用者を特定いたします。
  • 個人インターネットバンキングサービスの場合
    利用者番号でお客様を特定
    利用者番号とは、本サービスをご利用の都度、確認させていただく11桁の番号です。口座番号とは別のお客様固有の番号であり、この番号によりお客様を特定いたします。

(2) 複数の暗証番号によるご本人の確認

利用者番号、ログオンパスワード、確認用暗証番号等の複数の暗証番号を確認させていただく高度な本人認証システムを採用しています。

(3) SSL128bit暗号通信方式の採用

現時点でもっとも解読が困難といわれている128ビットのSSL方式を採用しておりますので、インターネット上でのお客様との情報のやりとりは安全に行われます。

(4) ログオンパスワードの設定

インターネットバンキングサービスをご利用いただく場合、6~12桁の英数字からなるログオンパスワードをお客様ご自身で設定していただきます。また、設定されたログオンパスワードはいつでも変更いただけます。

(5) 自動終了方式の採用

一定時間以上、端末の操作をされずに放置されますと、自動的にシステムを終了させていただく「自動終了方式」を採用しています。

当金庫ではセキュリティを確保するため、次の事項をお客様にお願いしております。

  • ログインパスワードや暗証番号の管理
    ログインパスワードや暗証番号はお客様ご自身であることを確認させていただく、大変重要なものですので以下の点にご注意ください。
  • 名前、生年月日、電話番号などの他人に類推されやすい番号を暗証番号等に設定しないでください。
  • 長期にわたって同じログインパスワードを使用せず、定期的に変更することをおすすめします。
  • ログインパスワードは、どんな理由であれ第三者に教えることは絶対におやめください。たとえ当金庫職員であっても、お電話などでお客様のログインパスワードをお伺いすることはございません。
  • 第三者の目に触れるような場所に書き留めたり、使用しているパソコンに記憶させたりしないでください。
  • ログインした状態のまま離席したり放置したりしないでください。その間に第三者に操作される可能性があります。離席する場合は必ずログオフしてください。

以上

当サイトは、128ビットSSL暗号化通信によりお客さまの情報を保護しております。