金融機関コード
:1319
文字サイズ
MENUCLOSE

お客さま本位の業務運営を実践するための基本方針
(フィデューシャリー・デューティー宣言)

当金庫は「この街の“ホームドクター”しばしんが豊かな暮らしを応援します。」のキャッチフレーズのもと、地域の皆さまの資産形成および資産運用において、「お客さま本位の業務運営」を実践するため、以下の基本方針を制定しました。
全職員がこの基本方針を遵守することにより、お客さま本位のクオリティーの高い金融サービスをご提供します。

  1. お客さまの幅広いニーズにお応えできる商品およびサービスの提供
    • (1)
      お客さまのご意向や目的に応じて適切な商品をご選択いただけるよう、商品・サービスの充実を図ります。
    • (2)
      取扱い商品は、商品の特性・リスク・手数料の透明性を十分に検討して選定します。
    • <アクションプラン>
      社会情勢やお客さまのライフプランを踏まえ、お客さまの多様なニーズに適確にお応えできる商品・サービスをご提供します。
      取扱い商品の選定にあたっては、投資運用会社や保険会社等から幅広く商品情報を収集し、十分な検討を行います。

  2. お客さまへの情報提供およびコンサルティングの実施
    • (1)
      お客さまの知識・経験・財産の状況やご意向を確りとお聞きしたうえでお客さまが必要とされている商品・サービスを提供します。
    • (2)
      商品のご提案にあたっては、お客さまに最適な商品をお選びいただけるよう市場動向・商品の特性・リスク・各種手数料等の情報やその商品をお薦めする理由について、お客さまの理解度に応じてわかり易くお伝えします。
    • (3)
      お客さまの保有資産の状況やライフプラン・ニーズの変化に応じ、また、お客さまの資産形成・運用の目的に応じた適時適切なアフターフォローの充実に努めます。
    • (4)
      お客さまが必要とされている商品・サービスを当金庫で提供できない場合は、当金庫が提携している外部機関への紹介や提携を通じて、お客さまのニーズにお応えします。この場合にはお客さまの利益が不当に害されることがないよう、お客さまの利益保護に努め、利益相反の管理を徹底します。
    • <アクションプラン>
      お客さまの資産形成や資産運用の目的・目標を共有し、その達成に向けた最善の方法をご提案します。
      商品をご提案する際には、お客さまがご理解いただけるよう、丁寧でわかり易い説明を行います。

  3. 利益相反の適切な管理

    利益相反のおそれのある取引においては、当金庫の利益を優先することなく、またお客さまの利益が害されることがないよう、適切に利益相反の管理を行います。

    <アクションプラン>
    お客さまへの商品選定や情報提供にあたり、お客さまの利益を不当に害することがないよう、適切に管理します。
    商品を販売する際は、手数料の多寡等による特定の商品の推奨などは行わず、お客さまの意向・ニーズに合った商品を提案します。

  4. お客さま本位の営業活動に向けた態勢の整備
    • (1)
      お客さま本位の営業活動を企業文化として定着させるため、本基本方針を実践できる人材を育成します。
    • (2)
      お客さま本位の営業活動を促進するため、適切な業績評価の仕組みを整えます。
    • <アクションプラン>
      研修等を通じ、全役職員に本基本方針の理解と実践を促します。
      販売担当者の資質向上を図るため、市場動向や商品などに関する専門知識の取得やコンサルティング能力、コミュニケーション能力の向上に取組みます。
      また、販売担当者にはファイナンシャルプランナー等の資格取得を推奨します。
      本基本方針の実施状況については、成果指標として公表するとともに検証を行い、必要に応じて改善を図って参ります。

平成30年5月

芝信用金庫

当サイトは、128ビットSSL暗号化通信によりお客さまの情報を保護しております。